周南公立大学開学式 市長式辞

周南市長
周南市長 藤井 律子

式    辞


学園台が桜色に染まる本日、山口県知事村岡嗣政様をはじめ多くのご来賓の皆様、関係者の皆様をお迎えし、周南公立大学の開学を迎えることができましたことを心から感謝申し上げます。

また、公立化に際し、励ましやお力添えを賜りました全ての皆様に、ここに重ねて深く感謝し、御礼申し上げます。

周南公立大学の前身となります徳山大学は、当時の徳山市長高村坂彦氏の深い郷土愛と達観した志により、昭和46年に開学しました。
以後五十年の永きに渡り、地元企業や有志の方々、歴代卒業生の篤志に支えられ、堅実な経営のもとでその使命が果たされましたことに、深く敬意を表し感謝の念を捧げたいと思います。


徳山大学の開学は、高度経済成長という激流の時代背景を有していました。
脱炭素社会やSDGs、人口減少や地域社会の萎縮などの問題が差し迫る現下も、当時と同様、激流する時代の真っ只中にあります。

この度、周南市は「2050年を乗り越えられる周南市になる」をパーパスとして掲げ、
「それは2050年を乗り越えるためのものになりますか」
「それは2050年を生きる市民のためになりますか」と、
職員が市役所の存在意義をかけて、あらゆる場面で自発的に心がけていくことを宣言しました。

まさしく時代は「達観する力」「本質に迫る力」「インテリジェンスの存在力」を求めています。
今日の困難は、必ずや「知の力」で切り開くことができ、「知の力」こそが、地域の未来を組み立てるパワーとなるものと考えています。

周南市のパーパスはこの「知の力」を拠り所としており、「知の拠点」である周南公立大学の存在と発展なくして叶うものではありません。ここに、周南市が公立化に邁進してきた所以があります。
公立化を提唱してからの3年間、公立化が如何に地域の将来に有益であるかについて、多くの市民に語りかけ、説明してまいりました。
4年目となるこの春、周南公立大学への期待が高まり、

「子どもをぜひ周南公立大学に進学させたい」
「大学の公立化でブランド力が感じられるようになった」
「公立大学という響きに、まちが蘇るような気持ちになる」などの声がまちに溢れるようになりました。

今、
市民は「私たちのまちの私たちの大学」を待ち望んでいます。
市民は「私たちのまちの私たちの大学の学生さん」を心から歓迎し、力になりたいと思っています。
市民は「私たちのまちの私たちの大学」が市民の誇りでありたいと願っています。

こうした中で迎えた本日の開学です。
周南市は、2050年を乗り越えるための「至宝」を得ることができました。
設立者として、末永く大学の発展と充実を支えてまいる覚悟をここにお示し、「大学のある、知性と品格と誇りのあるまちづくり」に徹することをお誓い申し上げます。

高田初代学長をはじめ周南公立大学の関係者の皆様、初の入学生となられる皆様、在学生の皆様、大学を支えてくださる国や県、県東部の自治体、地域、企業、団体の皆様、
どうぞこれからの周南公立大学をよろしくお願い申し上げます。

周南公立大学の明るい未来と、ご出席の皆様のご健勝ご活躍を心から祈念し、開学の挨拶といたします。

令和4年4月2日
周南市長 藤井 律子
TOPへ戻るボタン