新着情報

イベント
2024-02-08

「地域健康交流研究センター」研修会を開催します

2月18日(日)、Shunan University  「地域健康交流研究センター」の主催で「『地域まるごと』実現のための地域の多職種・他業種の連携協働」と題した研修会を開催いたします。


日  時 令和6年2月18日(日)午後13時30分から16時30分
場  所 周南市徳山保健センター 1階 健診ホール
基調講演 「地域まるごと」を実現する地域医療(仮)
       講師:花戸 貴司 先生(東近江市永源寺診療所 所長)
シンポジウム 「だれひとり取り残さないー地域の見守りから在宅看取りまで」
シンポジスト
花戸 貴司 先生 (東近江市永源寺診療所 所長)
倉増 はるみ 氏 (訪問看護ステーションもみじ 管理者)
藤本 真樹 氏  (周南市介護支援専門員協会 会長)
中村 敏浩 氏  (山口県作業療法士会 副会長)
原田 宗隆 氏  (周南ちるちあネット 事務局長)
 基調講演及びシンポジウムのグラフィックレコーディング:畑中 千尋氏 

20240218花戸貴司先生 講演会ポスター 5

周南公立大学「地域健康交流研究センター」は、地域の健康に関する課題や強みを発見し、地域住民、保健医療福祉の専門家、大学教員が一体となって、病気や障がいの有り無しに関わらず、「自分らしく、より豊かに生き、一生を終えることができる力」を発揮し、支え合えるまちを共に創り出したいという願いのもと、令和4 年 12月に開設されました。
昨年度は、「ヘルスリテラシー」に関する講演会を開催、今年度は、地域包括ケア並びに「地域まるごとケア」の先駆者である花戸貴司先生をお招きし、地域に暮らすあらゆる健康状態にある人々が、生涯自分らしくより豊かに生きることを実現していくための未来を多職種・他業種がともに考え合う研修会を企画いたしました。

TOPへ戻るボタン