新着情報

お知らせ
2021-07-09

「多文化共生」爆笑お笑いフェス IN TOKUYAMAを開催しました。

徳山大学、地域ゼミ(立部ゼミ)では、多文化共生社会に必要となる意識について考える取り組みをおこないました。

留学生と日本人がコンビ(トリオ)を作り、日本の文化のひとつである「漫才」の作成に取り組み、留学生が日本で勘違いしてしまった習慣や考え方をテーマにネタを作る。そのうえで、その面白さ、難しさについて考えました。

吉本興行所属の日本人とスイス人の国際夫婦漫才コンビ「フランポネ」さんにもアドバイスをいただきながら練習を重ね、7月7日(水)徳山駅前図書館にて「爆笑お笑いフェスIN TOKUYAMA」を開催、多くの人の前でネタを披露しました。


参加学生の感想(一部抜粋)

「 最初はなぜ漫才をしなければならないのか、なぜ漫才なのか、と嫌なことを思っていました。留学生の人たちと話したり、漫才づくりを一緒に作ったりすると、漫才も面白いなという気持ちも湧いてきました。このゼミを通して、今まではなかなか体験できない、海外との交流ということができました。日本の文化とは違う文化、これに触れてみるというのもよかったです。」
「漫才を見るのはもともと大好きでしたが、自分がする側になるとは思ってもいなかったです。イベント本番はとにかく大きな声で話す、セリフを忘れても臨機応変に対応するとペアの留学生と決めていました。本番では緊張しすぎてあまり覚えていませんが一番記憶に残っていることは、私がセリフを忘れてマイクの前で忘れたとつぶやいてしまったことです。でも。終わった後のやり切った感はすごく大きかったです。」
「他の大学の学生はもちろん、徳大の学生も簡単にできない経験をしたのが私の未来とかについても非常にいい栄養になったと思います。」





集合写真2_2

ピンクはらみだ_2

ピンクはらみだ

徳山タワー_2

徳山タワー

アンジェラあき_2

アンジェラあき

今回ご協力いただいたフランポネさんのYouTubeチャンネルに徳山大学の学生たちのチャレンジとお笑いフェスの様子がアップされました。


【徳山大学地域ゼミ学生と留学生が漫才に挑戦!】

【爆笑お笑いフェス IN TOKUYAMA】

TOPへ戻るボタン